ようやく公募が出ました

平成29年度補正予算が成立したのが2月1日でしたから、約1か月経ってようやく公募が出ました。

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」

通称「ものづくり補助金」です。

根本的な考え方が変わっていませんが、補助率だとか事業類型などいくつかの変更点があります。

 

 

ものづくり補助金の概要

対象者:中小企業者(日本国内に限る)

公募期間:2018年2月28日~2018年4月27日(※電子申請は別途)

補助率:1/2以内または2/3以内

補助額:最大1,000万円(原則)

対象費用:
1.機械装置等費、2.技術導入費、3.専門家経費、4.運搬費、5.クラウド利用費、
※以下は「小規模型の試作開発等」の場合
6.原材料費、7.外注加工費、8.委託費、9.知的財産権等関連経費

 

以上が基本的な概要になりますが、もう少し詳しくお知りになりたい方は下記もご覧ください。

 

事業類型別の違い

補助率や補助額は事業類型によって異なってきます。

以下では、事業類型別に見ていきます。

事業累計は、大きく次の4つに分類できます。

1)企業間データ活用型
2)一般型
3)小規模型(設備投資のみ)
4)小規模型(試作開発等)

名前の通り「一般型」が最も一般的なので、一般型から見ていきます。

<一般型>
補助率:1/2以内
補助額:最大1,000万円(原則)
対象事業:設備投資を伴う事業
※「経営革新計画」や「先端設備等導入計画」により補助率2/3以内も可能

<企業間データ活用型>
補助率:2/3以内
補助額:最大1,000万円(原則)
対象事業:複数の企業等が連携して行う設備投資を伴う事業

<小規模型(設備投資のみ)>
補助率:1/2以内
補助額:最大500万円(原則)
対象事業:設備投資を伴う事業
※小規模企業者の場合は、補助率2/3以内

<小規模型(試作開発等)>
補助率:1/2以内
補助額:最大500万円(原則)
対象事業:試作開発を伴う事業
※小規模企業者の場合は、補助率2/3以内

加点要素

今回も加点となるポイントがあります。

主なものは下記の通り

1)先端設備等導入計画の認定企業
2)経営革新計画の承認企業
3)経営力向上計画の認定企業
4)地域経済牽引事業計画の承認企業
5)1%賃上げ等に取り組む企業
6)「小規模型」に応募する小規模企業者

などです。

詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。