本日は、労務管理研究会の公開講座に参加しました。

労務管理研究会とは、東京都中小企業診断士協会城西支部の公認研究会です。

本日のテーマは、

「社員7人の町工場、残業ゼロで年収600万円超 ~そこに至ったユニークな経営とは~」

と題して、株式会社吉原精工会長の吉原博氏のご講演でした。

内容は実に豊富!

社員のことを大切に思う理念をお持ちでいながらも、

優秀な人材確保に向けたしたたかな戦略や、

効率化・生産性向上を目指す地道な取組など、

どれを取っても真似をしたいお話ばかりでした。

人材活用のお話もたくさん聞けましたが、

セミナーのお話も一部あり。

 

以下は、そのお話を聞いての私の所感と言葉です。

セミナーで気をつけなければいけないこと。それはやったつもりになってしまうこと。

私も多くのセミナーや勉強会に参加しますが、忙しさにかまけて聞いただけになってしまいがち。

『セミナーで得た「気づき」を「行動」に変えなければ、なんの意味もない』

セミナーは多くのことを学べますが、何か一つに絞って取り組まないと、

どれも中途半端に終わってしまいます。

私は、今日のセミナーで得た「気づき」を行動に変えるため、

今後は、

「セミナーで得た気づきから、必ず一つの行動に移す」ということを実践していきます。