今日は、“人を大切にする経営研究会”のイベントにスポット参加する機会を得ました。今日の講師は「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司先生

今まで直接お話を聞く機会がなかったので、初めてでワクワクしていました。

論理的な講演というわけではありませんでしたが、やはり“現場主義”の先生のお話だけあって、とても説得力があり、要所要所で胸にしみるお話でした。

なかでも心に残ったフレーズをまとめておきたいと思います。

  • これからの企業にとって社員満足度調査は必須
  • 社長の仕事は3つ = ①方向を示す、②決断する、③環境をつくる
  • モチベーションの大きな要因は給料でもポストでもない。会社・上司への不信感
  • 会社の目的は業績ではない。“関係する人を幸せにすること”
  • 大切なのは受信力ではない。“発信力”
  • 育成が大事な時代は終わりつつある(育成で人は大きく変えられない)。企業の理念に共感する人を採用することが大切。

“人を大切にする経営”を増やしていけるよう、自分も貢献していきたいと思います。